Skip to content

「5G」がYouTubeに恩恵をもたらすのは本当か?

「5G革命」と色々なところで言われているが、それによって通信速度が100倍以上、ニ時間の映画を数秒でダウンロード出来ると言う。

その「5G」の波が来ると、データ量の大きな動画コンテンツがより快適な環境で視聴することが出来るため、YouTube市場がそれによって拡大するとも言われている。

ただ、僕は、5Gによって本当に市場は拡大するのだろうか? という疑問を持っている。

本当に、5Gはクリエイターに恩恵をもたらすのか?

実は、この点に関して、僕は、少々、厳しい意見だ。

5Gによって、通信速度が劇的に変わったとして、本当に二時間の映画を数秒でダウンロード出来たとしよう。もし、スマホやタブレットで、いつでもどこでも、何の滞りも無く、ハリウッドの超大作映画を見ることが出きるというなら、それは、僕も見たい。

つまり、これまで通信速度の限界で嫌煙されていたリッチコンテンツがどんどん消費される時代になるということだ。

5Gによって、こうしたリッチコンテンツの市場が拡大するのは事実だろう。それをYouTube本社も分かっているはずだ。当然ながら、YouTubeはリッチコンテンツの拡充にリソースを割きたいと思う。個人のクリエイターが運営するちっぽけなチャンネルの方ではなく。

例えば、Amazonがオリジナルの海外ドラマを配信しているのと同じように、YouTubeが映画やドラマに出資して、ハリウッドスターを起用したオリジナル作品を作る可能性は大きい。そうして拡充を急ぎ、個人のクリエイターの出番はさらに無くなっていく。

つまり、YouTubeは運営方針をリッチコンテンツ寄りのサービスにシフトする可能性があるということだ。誰もメントスコーラや雑談ライブ配信を高画質で見たいと思っていないし、YouTubeもそれは承知の上だろう。

ハリウッド映画や人気の海外ドラマが、YouTubeで気軽に見られるということは、個人のクリエイターは、新しい黒船に視聴者を奪われる可能性がある。黒船に追いやられ、YouTubeにも蔑ろにされたクリエイターたちが脱落していくという構図は、あながち思い過ごしとも言い切れないだろう。

市場拡大には違い無いが、個人のクリエイターのいる市場のことではない、という話だ。

シフト

ただ、リッチコンテンツが拡充されたとしても、一つ問題がある。

製作費数億円もかけて作られた映画をYouTubeで公開して、広告ビジネスでペイできるかと言えば、それは厳しいだろう。あくまで、個人のクリエイターレベルだから成り立つビジネスモデルだ。とは言え、YouTube自身が広告ビジネスよりも、有料コンテンツで収益を上げるというモデルにシフトするというなら話は別だ。

「5G」の波は個人のクリエイターにとって、さらなる飛躍ではなく、衰退をもたらすとすれば、もしかすると、彼らの全盛期は「今」なのかもしれない。

もしかすると、数年後、広告ビジネスから脱却したYouTubeは、全く違う形、例えば、ネットフリックスのような有料配信サービスになっている可能性もありえる。

実際、YouTubeでは、有料コンテンツとして映画を配信しており、金を払いさえすれば視聴することが出来る。これは、テストランなのではないか? 変化はすでに始まっているのかもしれない。

では、個人のクリエイターには、全く未来は無いのだろうか?

それについては、また別の機会に考えてみたい。

この記事をシェア

Comments are closed.