Skip to content

YouTubeの「登録者数」って実体あるの?

YouTubeのチャンネル登録ってしてますか?

それって、どういう意味でしてます?

僕の場合、ブックマーク替わりとして登録をするが、実際、そのクリエイターのファンになったわけではない。単に、発見した動画の関連動画を見るために登録ボタンを利用しているのだ。つまり、登録チャンネルの新着コンテンツに興味があるわけではない。

だから、僕の登録チャンネルは大変な数になっている。そのうちの9割方は、もちろんチェックなどしていないし、すでに自分の中で終わっている。

ただ、稀に、新着を期待して登録する場合もある。1割のチャンネルだ。そして、そういった純粋な意味で見たいと思わせるチャンネルのほとんどは「毎日更新」ではない。例えば、月に2回とか、1回とか。

毎日更新のチャンネルを毎日見るほど暇ではないし、日曜日に溜まったそれを全てチェックしたいとは思わない。そもそも、毎日更新出来ている時点で、手間と暇がかかっていないのは容易に想像がつく。

何人ものスタッフを抱え、制作コストをかけているというならば、話は別だが。

放置された登録チャンネル

一応、HIKAKINチャンネルも登録はしている。しているが、ここ半年、一本も動画を見ていない。

一週間ほど前に、パソコンの設定で分からないことがあり、丁度、詳しい解説動画を見つけたので、ついでにチャンネル登録をしたが、その後、問題は解決してしまい、動画を見る必要が無くなった。

また、パソコンで問題が発生したら、Google検索をするか、YouTubeで他の動画を探すだけだ。いちいち登録チャンネルリストからチャンネルを探すことは無いだろう。

このように後で見ようと思っていても、数日後、状況が変わって、必要無くなるというのはよくあることだ。

ブラウザのブックマークが放置され、いつの間にか溜まっていくのと同じ原理で、登録チャンネルが大量に溜まっていく。

ブラウザのブックマーク機能は整理出来るように設計されているが、悪いことに、YouTubeの登録チャンネルリストは、フォルダ分けも出来ない。カテゴリーもタグも付けられない。並び順を変更することも出来ない。

そもそもブックマークとして使われるような仕様にはなっていないため、余計に整理しづらい状況となっている。

このチャンネルが「登録したまま放置される」という状態は、一般的に起こっているのではないかと僕は推測している。

僕の9対1の割合は極端だとしても、例えば、一人のユーザーの50%の登録チャンネルが「放置」という状態なら、100万人の登録者のいるチャンネルは、実質50万人だけが稼働しているということになる。

どうせなら、YouTube側で、半年以上視聴されていない登録チャンネルは自動的に解除される仕様にしてもらえないだろうか。

登録者=ファン?

登録者数10万人で銀の盾、100万人で金の盾をYouTubeから進呈される。そのせいもあってか「登録者数」というのが注目されがちだが、事実、広告収益として直接関係のあるのは、やはり、動画の再生回数だろう。

登録者が100万人を超えるクリエイターであっても、投稿された動画が、数万程度の視聴回数しか稼げないというケースも多分にある。

その一方、登録者数1000人ほどの小規模チャンネルが、たった一つの動画だけで100万再生を叩き出すというケースもある。

YouTubeの規約では、過去12か月の総再生時間4000時間、登録者1000人以上でなければ収益化を認めないということになっているが、事実、たった一つの動画がバズるという現象が起こっている以上、総裁性時間はいいとして、登録者1000人というルールは必要無い気もする。

ただ、歴史的瞬間を捉えた10秒ほどのスクープ映像一本だけで、突然、何千万もの収益が生まれるとしたら、宝くじを当てたようなものだ。そうなるとYouTubeがパパラッチが写真を売りつける週刊誌のような役割を果たすことになってしまう。それはそれで、歪なビジネスモデルだ。

巷では1000人未満のチャンネルが収益化出来たとしても、たかだか数千円程度のものだから、それが収益化無効となっても大してダメージにはならないという主張もあるが、極端な話、登録者0であっても、一本の動画が100万回再生される可能性はあるわけだ。つまり、登録者1000人という壁は、確実に新規参入者からチャンスを奪っている。

だから、チャンネルの規模を測るなら、「登録者数」ではなく、再生回数の一か月平均を調べた方がいい。

チャンネル登録者は、必要な動画だけを必要な時に見ているというだけで、日々更新される全ての動画をチェックしているわけではない。もしかしたら、一年に一度のiPhoneの新作レビューを見るためにだけ、HIKAKIN-TVに登録している視聴者もいるかもしれない。

つまり、必ずしも「 登録者 = ファン  」とは言えないという話だ。

 

この記事をシェア

Comments are closed.