Skip to content

マイクロメモ帳『 wing 』特設ページ

・『 wing 』の使い方・機能解説

『 wing 』とは?


フリーソフト『 wing 』は、簡単に言えば、Windows 標準のメモ帳からバッサリと機能を削減し、最小化を追求した ” マイクロメモ帳 ” です。

PCの前で作業中、何かアイデアを思いついた時、ちょっとした覚書、一、ニ行のメモをとるために、Evernote や OneNote、googleKeep など、大げさなクラウドアプリケーションを立ち上げるのが面倒だと感じているなら『 wing 』は、よい選択肢かもしれません。

それは、数行のメモを取ることだけに特化したメモアプリです。


簡易的なクラウドサービスを作る

wing は、基本的にデスクトップアプリですが、OneDrive や Dropbox など、クラウドストレージにアプリごと配置することも可能です。

クラウドストレージを活用すれば、どのPCからでもアクセスでき、保存されたメモを確認することが可能です。

・『 wing 』をクラウドストレージで利用する

動作環境

windows 10 ( 64bit )

ダウンロード

ZIPファイル形式の配布となります。

Googleドライブからダウンロード:wing 0.2.1.zip

Vectorからダウンロード : wing 0.2.1.zip

インストール

ダウンロードしたZipファイルを展開すると、wingフォルダ内に以下の二つのファイルがあります。

・wing.exe ( プログラム本体・起動ファイル )
・wing_settings.xml ( 設定ファイル )

wing.exe をダブルクリックするとアプリが起動します。必要に応じて起動ファイルのショートカットを作成してください。

初回起動時、wingフォルダ内に wing_database.txt が自動作成されます。このファイルがデータベースとして全てのメモを保存します。

それは、単なるテキストファイルなので簡単に開いて見ることが出来ます。

アンインストール

アンインストールは、wingフォルダごと削除するだけです。レジストリなども使用していませんので何も残しません。